Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
中東
旅に行く前に 久しぶりに書きとめておこうと見てみたら・・・
最後に書いてから、1年4ヶ月も経っていた。

あの頃 ドラミちゃんにカミングアウトしたんだなぁ。。。と、懐かしい。
あれからモロッコに行き、やはり感じることがあったし、友人もできて良かった。
ただ観光地に行ったり、パスポートのスタンプを増やしたりするのは
自分の性に合っていないから・・・やはり現地の人と関わることに意味があると感じてる。

今週末から中東に1ヶ月行ってくる。
エジプト→ヨルダン→シリア→レバノン→シリア・ヨルダン→イスラエル
というのが、現時点で予定しているルート。
今日になって、ようやく英語版のイスラエルのガイドブックを入手した。

ドラミちゃんには、「死にに行くようなものだ、バカだ」などなど散々言われた。
まわりも基本的な解釈は、中東=危険 というイメージで・・・
だけど、なんでだろう、自分にはそんな危機感が無かった。
やはり、ワタシがバカなのだろうか。。。

危険と思われる国に行くことが、カッコいいことだとは思わない。
まわりに心配をかけ、もしもという事態になれば本当に迷惑をかけるのだし。
・・・行く理由をマジメに説明したところで、理解なんてされるとも思わない。
ただ云えることは、やはり自分の内面的な問題なんだろう・・・ということ。

ようやく、ドラミちゃんに好きだと云うことを伝えたし、
清々しい気持ちで 旅を楽しんできたい。
まぁ、人生なんて、なるようにしか ならないだろう。

・・・なーんてポジティブなことを、根暗な自分が言うのも似合わないな。

ドラミちゃん、君が大好きだ!
久しぶりに。。。
気まぐれで・・・また、書いておこう。
前回書いたのが6月だから、4ヶ月ぶりぐらいか。

変化と言えば:
俳句は、心に余裕なく挫折。
ドラミちゃんに、カミングアウトした。
犬に興味なかったのに・・・チワワを衝動買い。
来月、1ヶ月モロッコ放浪してくる。

ドラミちゃんにカミングアウトし、
それでも変わらず友達でいられる関係になったのは、
職場で知り合った時の関係よりも、はるかに前進だけど、
結局、告白できず、自分の気持ちも諦めなければいけないと
分かっているのは、なかなかしんどいものがある。

自分は性同一性障害ではないけど、
中村中の「友達の詩」の歌詞は、若い頃の自分を思い出したし、
ドラミちゃんとの関係においても、やはり歌詞と同じなのだと
痛感する。。。
現況。
放置しておこうか削除しようか 迷いつつも、
自分の記録な訳だから。。。と思い そのままにしていた。

ブログをやめてから 少しずつ状況の変化があったので
久しぶりに 書き留めておく。

別れた彼女とは 友人としての関係が成立しだした…
と、自分では 勝手に思ってる。
いずれにしろ、別れてよかったのだと 今はそう思える。
彼女に対しては 家族愛みたいな感情は 勿論あるし
一生大切な人であることには 変わりないわけで・・・。
ドラミちゃんのことも相談できるし・・・ありがたい。

ドラミちゃんのこと・・・独身で40代だった(意外)。
一緒に食事に行って、それ以来たまにメール交換をしている。
まだまだドラミちゃんのことを知るには 時間がかかりそうだけど
焦らず 関わっていくとする。。。(好きでたまらないけど)
子供みたいに純粋な人で 愛おしいと思う。

仕事のこと・・・全然 変化がない(汗)。
ラテン語・・・難しくなってきた。
俳句・・・句会に月1で行きだした。

キレイ事や建前、そういうものの中に自分自身の身を置きたくなくて
最近は 人との関わり方も変えていこうと 意識してる。
誰にでも いい人に思われよう、と思ったりするのは止めた。
他人が自分のことを どう思っていようとどうでもいい・・・と思えるようになった。
その分、社会人としての適性の無さを 一層実感する羽目になったけれど(汗)。
自分の周りにいる人(自分を大切な存在だと思ってくれている人)を
まずは大切にしなければいけないと思っている今日この頃。
終わり。
今日で3月も終わり・・・。
このブログも もう終わりにすることにした。

見つからない答えなど 探さずに
手に入らないものなど 求めずに
いつか 淡々と何にも抗うことなく
生きられるようになりたい。

結局 あの人は、 わたしが死ぬまで私の心の中にいるんだろうな・・・。
なんだか 分かる・・・
私は人々が持っている私のイメージに反抗したかった。
私の人生はそれに尽きた。

by ニキ・ド・サンファル

Designed by aykm.