Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
好意
あなたには、自分の好意が伝わっているのだろうか。
もし伝わっているとしたら、ただの知り合いとしての好意だと思っているのか、あるいは恋愛感情としての好意だと思っているのか。

同性なのだし、年齢差もあるのだし、ましてやあなたは既婚者なのだし、まさか恋愛感情の好意を持たれているなどとは思ってもいないのだろうか。

お互い共通するものなどないのに、会う理由もないのに、会いたいだなんて不思議だと思っていないのだろうか。

あなたが無意識に触れるその手を、本当はずっと握っていたいと思っていたことなんて気づきもしないだろう。
あなたが何となく送ってくる写真、その笑顔を見るたびに切なくなっていることなんて気づきもしないだろう。

今、望むことはただひとつ。
せめて、友達だと思って欲しいということ。
あまりにも
また何年ぶりかでログイン。
あまりにも幼くて・・・読み返すのも憚られる。
感情とは、こういうものなのだろうか。

削除すれば何もなかったことにできる、そんな簡単なモノだけれど
みっともない自分は、これが本当の自分なのだったと、
そして、これからも、これが本当の自分なのだと。
現実の世界で知っている誰かが読むわけでもないだろうから
このままでいいんじゃないかと。

失恋しては書きとめ、恋をしては書きとめ。

あれから短い旅も幾つかした。
最近は、旧ユーゴへも行った。
そして、最近、また誰かに恋をした・・・
叶うことのない恋を。



シリア
2008年、シリア、レバノン、イスラエル。
あれから、5年も経った。
帰国後、常に意識するようになった。

毎日、当たり前のように誰かが亡くなっていく。
どうして、加害者になってしまったのか。
どうして、被害者になってしまったのか。
見えない一線は、何なのか。

地球のどこかで。
何をしているのか。
何を感じているのか。

そう、わたしたちは、情けないただの傍観者。
痛みを知らないただの傍観者。
現実との狭間で
目を閉じる。

夢は夢のままなのか、妄想は妄想のままなのか。

そして、ある日気づく。

妄想も現実になることがあるのだ、と。

そして、また目を閉じる。

夢が現実となることを願いながら。

そして、ある日気づく。

夢が現実に、、、と願った愚かさを。

そして、静かに目を閉じる。

ただ、疲れた身体をやすめ、眠りにつこうと。

約2年ぶりに
うろ覚えのログインIDとパスワード。
ここに来たのは、約2年ぶり。

ちょっとしたことがキッカケで、久しぶりに。
パソコンからではなく、iPhoneから。

自分は、変わったのか?
周りは、変わったのか?

自分は、変わっていないのか?
周りも、変わっていないのか?

成長しなければならない。
より良く生きなければならない。
何よりも、現実を生きなければならない。

夢から覚めたとき、一体何が残るのだろうか。


Designed by aykm.