Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
中山可穂 『感情教育』
『感情教育』 読了。
感情教育

第一章では、那智の生い立ち~理緒との出会いまで
第二章では、理緒の生い立ち~那智との出会いまで
第三章では、那智と理緒の出会い~ と なっています。
「白い薔薇の淵まで」
昨日買った 中山可穂のこの本、読了です。

たまに行くバーのマスターが 彼女の本を何冊か持っているらしく
明日行った際に借りる予定だったが 先走ってなんとなく買ってしまって(汗)。

http://www.shinchosha.co.jp/yamamotosho/014/senkokai.html では、
(↑今は ちゃんと飛べます)
第14回山本周五郎賞の際の選考委員のコメントが見れます。
選考委員のコメントを読めば分かるけれども 人によって
評価や感じ方が かなりバラバラです。

まずは 読みやすい。←読めば ほとんどの人がそう思うに違いないです。
わたくし つまらないと思った途端に 本を読むのをやめてしまうたちなので
そういう意味では ほんとうに さら~っと読めました。

ビアンの作家さんが書いているわけだから 女性同士の恋愛の話の中には
もちろん 彼女自身の経験や感じていることがあるんだろうし
そうでなければ ああいう作品は書けないだろうと思うわけで…
フィクションの中にも 塁やクーチという女性たちの感情の中に
わたし自身のことや 去っていった彼女のことなど ダブらせたりもしてしまった訳ですが。
話の流れとしては 終盤に近づくにつれ不満でした。
でも 彼女の作品は あえて避けていたので それを思えば
食わず嫌いで終わらず 良かったと思います。

ノンケ(ストレート)の女性の場合は、 
彼女の作品読んで どう感じるんでしょう???
男性の感想は興味ないけれど 女性の感想は気になります・・・。
というか・・・感想書くのって 難しくて書けません(汗)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

映画を撮りたいと思ったことがあって
無名の監督のもとで仕事したことがあったけれど(すぐ辞めたけど)
この作品は 映画化して欲しいなーと思う。
資金さえあれば オーディションでもして 是非自分で撮りたいぐらいです。

それと・・・ひじょうにくだらないことだけれども、
クーチという女性は もともとノンケで 
男性としか付き合ったこともなかった人だけれども
現実で こんな風な展開で女性を好きになる ノンケの人っているんだろうか???
その辺は いかにも小説だからこそ…という気がしたけれども。
・・・これって モテないわたしの悔しまぎれの言葉になるんだろうか。
中山可穂
はじめて 中山可穂の作品を買ってみた。
「白い薔薇の淵まで」
わたし自身ビアンなのに 読もうという気になれず…あえて 避けていたのだけれど。

昼休みに本を買って 今日中には読み終わりそうだったけれども
なんだかんだと用事をしていたら 結局半分ぐらいまでしか読めず。
こんなに さらさら~っと読める本は 久しぶりかも。
感想書くには まだ至らず・・・明日には 読了したいです。

白い薔薇の淵まで
中井英夫
今日は・・・1993年に亡くなった中井英夫(塔晶夫)の命日。
「虚無への供物」や「とらんぷ譚」あたりが一般的には有名ですね。
週末だし、彼のお墓に行ったファンもいるのでしょうか?

検索してみたら、、、またもや色々なコメントありましたが。
個人的には 彼の作品好きなのですが…人それぞれですね やっぱり。
彼がゲイだから・・・という理由で
彼の作品が好きなわけでは 勿論ないのですが。

ひさしぶりに また読み直してみようかな。

「虚無への供物」、、、昭和39年の初版本の画像が無いので…
これでガマン↓
虚無への供物

お風呂でマンガ
岩明均の「寄生獣-完全版」(講談社)を読み出しました。

お風呂で読むと シワシワになりそうですが…
窓を少しあけているので 外気が冷たく
本もシワシワになることなく 明日には1巻読み終えそうです。
ネットで検索すると 色々な方がコメントしているけれども。。。

清水崇がハリウッドで映画化予定というのは
ちょっと気になります。
どんな風に映像化されるんだろうか???

寄生獣

Designed by aykm.