Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
分かってはいるけれど。
会うと緊張して、何か喋らなければとくだらないことばかりをペラペラと。
その顔をちゃんと見ているようで、見られなくて。

勇気を振り絞って、たまには誘ってよ。なんて言ってみたのに、誘えないよ、と軽く一言。
誘われれば会うよ。って、別に自分からは会わなくてもいい人間、そういうことだよね。

あなたには大切な家庭があって、大切な友人たちもいて…それで満足で、新しい人間関係なんて要らないよね。

あなたが無意識で触れてくるそのクセ、どれだけ意識してしまうかなんて分かっていないよね。
あなたのことだから、誰にでもそうしてるんだろうって分かってはいるけれど、少しは気を許してくれているのかと思いたくなってしまうから。

連絡しないほうがいいのは分かってはいるけれど、返事が来るとまた言葉を返したくなる。

何も叶うことはないと分かってはいるけれど、やっぱりあなたのことを好きになってしまっている。
気づいて欲しくはないけれど、もしかして、、、とそんな風に少しは思ってほしい。
たとえ気持ち悪いという感情だったとしても、嫌いだという感情だったとしても、今のように何も思われていないよりはマシなのかもしれない。
友達にすらなれない、ただの知り合いよりは…

気持ちを切り替えることなんてできないことは分かっているから、今日も明日もあなたを想ってしまう。
騙しているみたいで、ごめん。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.