Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
シリア
2008年、シリア、レバノン、イスラエル。
あれから、5年も経った。
帰国後、常に意識するようになった。

毎日、当たり前のように誰かが亡くなっていく。
どうして、加害者になってしまったのか。
どうして、被害者になってしまったのか。
見えない一線は、何なのか。

地球のどこかで。
何をしているのか。
何を感じているのか。

そう、わたしたちは、情けないただの傍観者。
痛みを知らないただの傍観者。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.