Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
『ブロークバック・マウンテン』
昨日 予定していた通り、『ブロークバック・マウンテン』を観て来た。
予定通り行動するのも 今の自分には一苦労(汗)。
レディースデーだし 仕事終わりの時間帯だから、混んでいるだろうなー
と思っていたら・・・イクスピアリの映画館で客が30人弱って少なすぎ。

ノンケのお友達が この映画を観ると言っていた気がするので、
ネタバレは書かないけれど・・・個人的な感想としては、
同性愛者のわたしからすると、とりたてて同性愛という部分にインパクトがある
という風ではなかったのだけれど・・・映画の題材に同性愛をこの程度とりいれるだけでも、賛否両論を呼んでしまうというのは やっぱり一般的には、
同性愛というものに対する偏見や風当たりは 強いのね。。。ということを実感。
二人の男性の内面的な部分を 所々で垣間見せてはいたものの、
それほど深く掘り下げられているとも思えなかったし、
個人的には、これはゲイ映画というより ヒューマンドラマ?という印象。

今は、ノンケの人でも独身者が増えているから、同性愛者も「結婚しなければ」
という意識は薄くなってきているのだろうけれども、それでも現代でも、
自分のセクシャリティを隠して 異性と結婚し子供をもつ人もいるし、
決してこの映画の時代設定上に限られたことではない。
(余談だけれど、スピリチュアルなE原さんは 絶対ゲイだろうけど、子供いるし。)

ゲイ映画を好むノンケ女性もたまにいるけれども、同性愛者の存在は
架空のものではないのだし、ただ映画を観て何かを思うのではなくて、
実感がないかもしれないけれども、現実に同性愛者という存在がいるということを
もうちょっと認識して欲しいなぁ と思う。
こういう映画の役割は、これを観たノンケの人がどう受け取り解釈するのか 
最終的には それに委ねられてしまう気がするけれども、
少なくとも、同性愛者の存在を伝えるうえでは有効なのだし、
もっと同性愛映画があらわれることを期待したいな。

ヒース・レジャーの奥さん役のミシェル・ウィリアムズ・・・
ドラマ「ドーソンズ・クリーク」に出演していたときの、
学生役のイメージしか わたしには無かったので、
2児の母親役に ちょっと違和感があったかなぁ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.