Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
Si vis amari, ama.
タイトルの意味・・・ラテン語で、
「もしも 愛されることをあなたが望むなら、(自分から)愛しなさい。」
という意味だそうだ。(リンク先から抜粋)

昨日『メゾン・ド・ヒミコ』を一緒に観に行った友人は、フランス語を習っている。
以前から、彼の話を聞くたびに、きちんと語学を習おうと思っていた私は、
4月から ラテン語を習うことに決めた。
別にフランス語やイタリア語に興味があるわけではないけれども、
英語を使うことがある人間にとって ラテン語を知っていることは
決して、無駄にはならないから。
クラスは4月からだけれども、事前に基本的なことぐらいは
理解しておきたいと思って・・・検索で見つけたサイト(リンクをはった)を見つつ
ぼちぼち 自分で理解できる部分は覚えていこうと思う。

語学と言えば・・・大学時代は、一般教養でアラビア語を少しとったけれど、
文法や単語も きれいさっぱり忘れている。。。自分のことながら、もったいない。
他に、アメリカにいた当時、大学の授業とは別に、手話を習ったこともあった。
英語だと、手話=sign language。
私以外は、生徒はアメリカ人だったが 手話でコミュニケーションをはかるわけだから、
当時、記憶力の良かった私にとっては、初級者コースでも結構優秀だった(笑)。
なーんて思い出しつつ、、、これまた まったく活かしていない。

広く浅くの人生は 何かひとつのことに 自分の人生を捧げられない。
何をやっても ある程度はこなせるけれど すべてが中途半端。
虚しい人生だと 自分で思う。

わたしの人生と共に永遠に歩める何かは どこにあるのだろうか。
一生 模索し続けるのだろうか。
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは。ブログ、いつも拝見しています。
「人に愛されたいと願うなら、まず自分から人を愛してごらん。」
とは、私が少し前に書いた小説の中の登場人物の台詞です。
ハルさんのブログに書かれている言葉や文章は、私が小説に書いたものやこれから書こうと思っていること、
普段なんとなく考えていることなど…
自分にゆかりのあるものが多くて、ドキッとしてしまいます。

宣伝みたいになってしまって嫌なのですが(笑)
今日、私のサイトで連載していたタイトルが最終回を迎えました。
上記の台詞は、最終回に出てきます。
同性愛の人が考える自分のことって、こんな感じ?というものを手探り状態のまま書きました。
原稿用紙で言うと80枚くらいなのですが、もしお時間があれば読んでみてください。
そして、同性愛の方からみた私たちの小説がどんなものなのか、ぜひお話を聞かせてください。
もちろん急ぎませんので、お休みでお暇な時にでも…。
その前に、読み進められる程度の文章がかけていればいいんですが;

それでは、またコメントさせて頂きますね。
2006/01/23(月) 01:37:39 | URL | みるく #ysdkE2Tw[ 編集]
みるくさん
コメント ありがとうございます。お久しぶりです(笑)。

ラテン語のその言葉・・・
格言を色々見ていたら なんとなく今の自分に必要な言葉に思えたもので。

小説の件、了解です(笑)。
ただ、わたしは同性愛者ですが、所詮ただの人ですから(人生経験もまだ豊富じゃないし(苦笑))私の感じたことが同性愛者の方が全般に感じることでもないと思いますが・・・
それでも構わなければ、個人的な感想ぐらいは お伝えできるかと思いますよ。
読み終えるまで、しばし お待ちくださいね。
2006/01/24(火) 02:32:21 | URL | ハル #PZGWL28Y[ 編集]
お久しぶりです
ハルさん、お元気ですか?
私は先週はちょっと調子が悪くて、
ブログの方もなかなか更新出来ませんでした。

久しぶりに、こちらへ寄らせていただいて、
すごいなーと思いましたよ。
色々な方が訪問されて、素晴らしいコメント
を残して下さっているんですねー。
正直、羨ましいなぁとも思いましたよ。
やっぱり、ハルさんの記事を一生懸命
書かれているからなんでしょうね・・・
私も頑張らなきゃ!
いつも通りすがりでスミマセン。
また、寄らせていただきますね。
2006/01/29(日) 20:50:40 | URL | sam #8U86q4bI[ 編集]
samさん
毎日寒いですからね。。。お身体気をつけてくださいね。

コメントくださって ありがたいなぁと思います。
私の場合は、何も考えず自分のことしか書いてないもので・・・。
このまま ぼちぼち思ったことなど書き留めていこうと思ってます。
こちらも またお邪魔させていただきますね。
2006/01/30(月) 01:29:20 | URL | ハル #PZGWL28Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.