Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
酒を飲んで我思う。
金曜の夜は、初めて女友達を連れて、いつものお店に飲みに行った。
その友人と会うときは、休日のランチやお茶だったので、
お酒を一緒に飲むのは 初めてだった。。。お酒が強くてびっくりした。
なぜに、お酒に弱い私の周りは、お酒の強い女性が多いのだろう(汗)。

あのお店に行くと、いつも、心が浄化されたような気持ちになれる。
ゲイバーで心が浄化されるって・・・?と思われるかもしれないが、
なんだか不思議だけれども 見えなくなっていたものを また取り戻せるようになる。
それは 勿論、マスターのおかげでもあり、会話の下手な私は
常連さんの話を聞いているばかりだけれども、その会話の中に、
必ず意味のある言葉や彼らの人としての豊かな経験を聞くことができるから。
ゲイである。ということからではなく、彼らの人としての生き様も心も
豊かであり、成熟しているのであり、頭もとてもきれるし、
何十年も、そういう常連さんたちが来るお店だからこそであると思う。
そんな素敵なお店の名前・・・言いたいけれども 言えなくて残念。

そして、帰り道、、、なぜだか 友達の意味について考えてしまった。。。
自分では 心を開いているつもりだった親しい友人にすら、
「ハルちゃん、心開かないよね。」と言われたことがあった。
友達が連絡をくれても、それに返事もせず・・・友達を自ら失った時期もあった。
人が私と友達になろうとして、携帯番号を聞いてくれても、
社交辞令だろうと思って、自分からは相手の番号すら聞きもしないこともあった。
本当に連絡があって、その後、とても仲良くなってから、、、
あの時は、こっちの番号も聞かないで、ハルは失礼だったよねー。と言われた。
親しくなったら、友達にすら何かを求めてしまいそうで、、、
人との関わり方すら 分かっていなかったんだろうと思う。
ある人には、飽きっぽい性格だから、友達になってもすぐ飽きるんだろう。
と言われたこともあった。
そうじゃない。ただ、人との距離の取り方が分からないから 怖かった。
遠すぎても 近すぎても・・・私の身をどこにおけばよいか分からないから。
どの自分を見せればいいのか 分からなかったから。
だから、知り合いばかりで、友達は全然いないなーと思っていた。

今の私は 少しは変わりだせているだろうか。
友達は 友達なんだと思えているだろうか。
お互いが壁にぶつかったとき、必要なときに、助け、助けられ、
その人の為に、親身に言葉をかける。。。
それだけの関係があれば、友達としてじゅうぶんなのではないだろうか。
それ以上、いったい何を望む必要があるというのだろうか。

いい歳した大人の言うことじゃないな、、、こんなこと。
Comment
≪この記事へのコメント≫
samさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

同性愛者だから・・・というより、
私が単に人として あまり器用でないもので。
現実社会でもダメ人間で生きてます。

リンクの件、ありがとうございます。
ブログ、現実の友人には教えず、誰も知らない場所だからこそ書ける内面の吐露を。。。と思ってはじめたもので 人に発信できる情報もなにもない 自己管理ブログになっちゃってますが。
(ひとがたまーに観てくれているのだと分かってからは、
たまーには情報も盛り込むように意識しだしましたが)
こちらもリンクはらせていただきます。
よろしくお願いします。
ではでは。
2006/01/22(日) 23:16:43 | URL | ハル #PZGWL28Y[ 編集]
こんにちは
訪問履歴から飛んできました。
時々拝見させて頂いています。

ハルさんのお友達についてのこと
私も同じだなぁ、と思って読んでいました。
私も人との距離の取り方が上手くできず、仲良くなれそうな人がいても、自分から誘ったり連絡をとったりする勇気がなかなか出なくて、結局会わなくなってしまったりします。
悲しいことに私はまだそれが現在進行形です。
そういう私から見ると、ハルさんはきっと変わられたんだと思います。
ブログを拝見して、相手のことをよく見て聞いて、感じていらっしゃる方なのだなと思いました。
友達って会う頻度とかではなくて、やっぱり相手のことを本当に考えられる関係なのですよね。
私も逃げていないで、向き合えるようになりたいな、と思いました。
(突然のコメントで長くなってしまってごめんんさい)
2006/01/22(日) 23:47:12 | URL | lupio #VSY0J1g6[ 編集]
初コメントです。
金曜日はお出でいただいてありがとうございました。そうですあのお店の、私です。

ハルさん、友人は作ろうとしてできるものではありません。また親友は人生でやはり一人か二人いれば充分でしょう。私は親友と呼べる人がいる喜びもありますが、恋愛と同じで、人は一人でいられることができる人が、友人とも恋人ともうまくやっていけると思ってます。
距離がわからない。どうしていいかわからない。そういうときは自分から本気で相手との交流を望んでいないのだと思います。其れよりも今の自分を確立させる方が、これからの人生いいような気がします。ただ人は世間と人に揉まれながら生きて行かなくてはならない、宿命を背負って生まれてきました。まだ若い貴女です。悩んで考えて、模索して生きていきませんか?人生楽しくするも、辛くするも、自分の心一つですよ。
2006/01/23(月) 16:06:13 | URL | ゴン太郎 #-[ 編集]
lupioさん
コメントありがとうございます。
先日、そちらにあったコメントの件で、非表示でコメント残させていただいたの・・・
あれ、私です(分かってらっしゃるかな)。

お友達のことについて・・・
よろしければ、ゴン太郎さんが私に書いてくださってあるコメント読んでみてください(笑)。
わたしにとっては 人生の師匠である方ですから。

私も、lupioさん同様、まだまだ現在進行形ですよ。
でも、何かが変わる・変われるキッカケは、実はとても些細なことなのかもしれませんね。自分が自分らしくいれば 自然と何かが付随してくるものなのかもしれません。と、なんとなく思います。
2006/01/24(火) 02:23:59 | URL | ハル #PZGWL28Y[ 編集]
ゴン太郎さん
いつも大変お世話になっております。
わざわざ 書き込みありがとうございます。
お恥ずかしい限りです。。。

きちんと咀嚼できてからお返事したかったのですが、まだ私には時間がかかってしまいそうで。
ある作家が、孤独と孤立の違いについて述べ、一人でいることの重要性を仰っていました。
日々生じる変化は 目に見えないものですが、何年か経ってからでも 今の自身の日々が少しでも成長に繋がっていたと感じられるように 今を生きていきたいです。悩めることは 幸せなことかも。。。とも思いますし(笑)。

話しは変わりますが・・・
ボトルが終わって、あれから本当に気持ちが軽くなりました。。。不思議です。
ところで 名前・・・ゴン太郎さんって(笑)。
本当に感謝しております。また 遊びにお邪魔しますね。
2006/01/24(火) 02:58:01 | URL | ハル #PZGWL28Y[ 編集]
こんにちは。度々のコメントです。
非表示コメント、お名前が同じなので多分ハルさんだろうな、と思っていました^^
その節はどうもありがとうございました^^

ゴン太郎さんの素敵なコメント、拝見しました。
(上手く書けないのですが…)
私は仲良くならなきゃと思って、変に相手に合わせようとしたり、無理をしていたのだなと思いました。
無理せず自然な自分でいられること、が大切なのですね。他の人の前でもその自然体な自分でいられるようになれるといいな、と思います。そこからまた何かが開けてくるのかもしれないですね。
どうもありがとうございました。
また遊びにきます!
2006/01/25(水) 13:25:55 | URL | lupio #VSY0J1g6[ 編集]
lupioさん
ああいう いたずらのコメント 何が目的なんでしょうね、訳分かりません(笑)。

私がダメ人間なので ついゴン太郎さんのコメントをふってしまいました、、すみません(汗)。
ある人にとっては簡単なことが 別の人には難しかったり、、、その逆もありますし(笑)。
社会的には、本音と建前がありますけれども、いざ個人レベルとなったら、そういうことにウンザリしている人も多いでしょうし、lupioさんと同じように感じている人もたくさんいると思います。
誰にでも自分らしく全てをさらけ出す必要なんてないけれども、ごくわずかな大事だと思う人には、本当の自分でいれたら素敵かもしれませんね。
私もまたお邪魔させていただきますね、ではでは。
2006/01/25(水) 22:26:30 | URL | ハル #PZGWL28Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.