Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
Carpe diem
直訳すると、「その日を摘め」。
ホラーティウスの句の中の、「おしゃべりをしている間にも、時は足早に過ぎてゆく。
明日が来ることをあてにせずに、今日一日を摘む(生きる)のがよい。」からきている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

当たり前に思えることを 当たり前に行うことは難しい。
わかっていることを 容易にすることがなかなかできない。

自分の中にある歪んだもの、複雑にされたものを 削ぎ落としていく行為。
その行為こそを 自分が死んでいくまで行っていきたい。

もし今何かを悟ってしまえたとしたら、生きていくことは とてもつまらなく思える。
現実の生活の中で、こんなことを 誰かに言葉にして示そうとは思わない。
言葉をもてあそんで 時間をつぶしているわけではない。
ただ、せめて自分自身の為に、自分が思っていることをここでは素直に言葉にしたい。
正しいか間違っているか、今の時点で、それは自分にとっては問題ではない。
ひとがどう思うか、、、それも問題ではない。

実生活では、いつも笑っているから 能天気だと思われる。
どう思われていようと 構わない。
むしろ そう思われているほうが ありがたい。

だから、画面を前にしたとき、唯一、自分自身と向かい合える場所、
言葉にできる場所、それが 欲しい。
自分自身を棄ててしまうのではなく、
自分の良さも悪さも すべてを認め、自分にだけは偽りなくありたい。
そのためにも、自分の内面を浮き彫りにすることが 必要な作業となる。
Designed by aykm.