Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
ドキュメンタリー
『ジョージ・マイケル~素顔の告白~』(George Michael A Different Story)
というドキュメンタリー映画を 渋谷で観てきました。
日曜の最終上映は1000円と知り、遅いと思いつつその時間帯にしました。

正直 ワム!時代(数曲しか知らなかった)や、解散後の彼の活動もほとんど知らず、
単に彼がゲイであるということで興味を持って 観にいったのですが、
彼の人となりや、歌声をあらためて聴いて・・・好きになってしまいました。
彼の恋人(ニュースでは、今年中に結婚するらしい)が、ジョージのことを最も率直な人
と表現していたように、彼の率直さは このドキュメンタリーを見れば、
事実だろうと すぐに感じることができた。
恋人の死、クィーンのフレディ・マーキュリーの死、母親の死・・・
それに関する話しでは、見ながらウルウルしてしまいましたが。
でも 現在の彼は、不幸な男ではなくて、とても魅力的な男性に見えました。
歌手は同じアーティストでも俳優とは違って、その人自身の生き様や
人としての魅力があればあるほど、ファンをうみだし、ひきつけるんじゃないだろうかと 
彼を見ていて感じました。

客層は・・・ジョージ・マイケルを歌手として好きな人が 勿論多かったのでしょうが、
雰囲気が、ゲイと思われる男性の方も 結構いました(実際は不明ですが)。
ジョージが、ゲイだと知らなかったお客さんもいました。

個人的には、人にお勧めしたいドキュメンタリーでした。
Designed by aykm.