Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中途半端
色々なことが 中途半端で嫌になる。

仕事も プライベートも 知識も 自分の過去も・・・
要は、自分の生き方自体が 中途半端ということなんだろう。

ひとつのことをまっとうしている人を羨ましく思ってしまう。
自分というものを持っている人を 羨ましく思ってしまう。
どうして そんな風に生きられるんだろうか
どうして わたしはそんな風には生きられないんだろうか

手に入りかけたものは すぐに飽きて 捨てて 逃げて。
最後まで 何かに自分を注げるほどの情熱は無くて
いつも 一過性のものになってしまう。

他人からすれば羨ましいと思われるような 経験もしている筈なのに…
いつだったかあの人が 私が自分の経験を自慢しないことを褒めていたけれど…
本当は自慢しないんじゃなくて 自慢なんて出来るわけないんだから。
経験をいかした生き方なんて 出来ていないんだから…。
わたしの履歴書は 他人の興味をひくかもしれないけれども 
中身は ほんとうはからっぽなんだから。
それを知った人はわたしに失望するだけなのだと あの人は証明してくれた。

こんな風になることは、もうとっくに気づいていた。
だったら どうして変わらなかったのだろうか。
今からでも 変えようとしないのだろうか。
バカの1つ覚えのように 幾つになっても何の収穫もないことに一進一退を繰り返し
こんな風に生きていくのだとしても それが結局わたしなんだろう。
どうせ その程度の魂しか持ち合わせていないんだから。
これ以上にも これ以下にもなれない。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。