Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
「白い薔薇の淵まで」
昨日買った 中山可穂のこの本、読了です。

たまに行くバーのマスターが 彼女の本を何冊か持っているらしく
明日行った際に借りる予定だったが 先走ってなんとなく買ってしまって(汗)。

http://www.shinchosha.co.jp/yamamotosho/014/senkokai.html では、
(↑今は ちゃんと飛べます)
第14回山本周五郎賞の際の選考委員のコメントが見れます。
選考委員のコメントを読めば分かるけれども 人によって
評価や感じ方が かなりバラバラです。

まずは 読みやすい。←読めば ほとんどの人がそう思うに違いないです。
わたくし つまらないと思った途端に 本を読むのをやめてしまうたちなので
そういう意味では ほんとうに さら~っと読めました。

ビアンの作家さんが書いているわけだから 女性同士の恋愛の話の中には
もちろん 彼女自身の経験や感じていることがあるんだろうし
そうでなければ ああいう作品は書けないだろうと思うわけで…
フィクションの中にも 塁やクーチという女性たちの感情の中に
わたし自身のことや 去っていった彼女のことなど ダブらせたりもしてしまった訳ですが。
話の流れとしては 終盤に近づくにつれ不満でした。
でも 彼女の作品は あえて避けていたので それを思えば
食わず嫌いで終わらず 良かったと思います。

ノンケ(ストレート)の女性の場合は、 
彼女の作品読んで どう感じるんでしょう???
男性の感想は興味ないけれど 女性の感想は気になります・・・。
というか・・・感想書くのって 難しくて書けません(汗)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

映画を撮りたいと思ったことがあって
無名の監督のもとで仕事したことがあったけれど(すぐ辞めたけど)
この作品は 映画化して欲しいなーと思う。
資金さえあれば オーディションでもして 是非自分で撮りたいぐらいです。

それと・・・ひじょうにくだらないことだけれども、
クーチという女性は もともとノンケで 
男性としか付き合ったこともなかった人だけれども
現実で こんな風な展開で女性を好きになる ノンケの人っているんだろうか???
その辺は いかにも小説だからこそ…という気がしたけれども。
・・・これって モテないわたしの悔しまぎれの言葉になるんだろうか。
Designed by aykm.