Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
返事
メールの返事が書けない。
と言っても 別れた彼女のことではないのだが。

1ヶ月ぐらいメールのやりとりをしている女性。
一度 既にお会いもしている。
ブログは 相手というよりも 画面に向かっているだけの気がして
何を書こうと 気にならないが…メールのように相手がいるとなると また別で。

人とのやりとりで はじめから こんなに 
みっともない自分をさらけだしたメールのやりとりは はじめてのような気がする。
喋ることと書くことには 自分でコンプレックスがある。
喋ることは いつも心にあることが そのまま言葉として相手に伝えられないから。
説明しようと、伝えようと、口数が多くなるだけ 
言い訳がましくもあり 自分のばかさかげんが露呈されてしまう。
書くことも 似たようなものかもしれない。
メールで伝えようとするから 何がどこまで必要な情報量なのかわからなくなる。
楽しい話なら そんなことも気にせずになんでも書けるかもしれないけれど
そういうわけでもないから。

別れた彼女のことにしたって 理解したくても理解できなかった。
人を分かりたいと思う 理解したいと思ってしまう。
でも そんなことを考えるほうが 間違っているのかもしれない。
わたしも 人に愛されたら その人には理解されたかった 
理解してもらえることを求めてしまった。

生まれた環境も 育った環境も違う人間同士が 
本当に理解することなんて そもそも無理なのかもしれない。
人を理解できることも 人に理解されることも 望むべきではないのかもしれない。
所詮 たかが人間なのだから。

子供の頃から そんなことを思いつつ 
この歳になってまだ同じ事を考えている自分って・・・幼い。
結局 諦めつつも いつかは・・・と、人間に期待してしまっているんだろうか。
 
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。