Carpe diem

飾らず ただ心のままに…
距離
無理やり作った接点で少し近づけたかと思っていたら、ホンモノたちに遮られまた遠くなる。

無理やり作られた接点なのだと、知らないあなた。
そのことで、たった一言でもあなたからLINEが来るたびに、揺れる。

人生の中のほんの一瞬の関わりだけで、
そのまま離れるべきだった。
何も知らないのは、無邪気なあなた。
共通点
届いた郵便物の画像を送ってきたあなた。
そこに一緒に写っていたあなたの右足。
ふと気づいたのは、薬指が曲がっているということ。
生まれつきなのか、単に靴の影響で曲がったのか分からないけれど。

あなたとの共通点を見つけたようで、嬉しかった。
自分の左足の薬指が生まれつき曲がっているということ。
気まぐれ
金曜の朝、気まぐれで届いた画像と一言。
何のことか予想はつくから、あえて開かず放っておいた。
そして、あなたが帰宅した頃、郵便が届いたとの連絡。
朝のLINEが既読になっていないから…最後に、おーい の一言。

もちろん気づいていたけれど…
そのまま無視し続けることは結局できなくて、
スマホを家に忘れていたと、嘘をついて返信。
あなたは、そのことには一切触れず、朝の画像のことにだけ、たった一言の返信。

どうせなら、あなたに好きだと言って嫌われてしまいたい。
しんどすぎて、そんな風に思うようになってきた。
やっぱり…
連絡は無かった。
そんなもんだよね…
自分に負けて
結局、用事もないのに、ある記事のURLだけあなたに送ってしまった…もちろん、返事があるわけもなく。
そして、返事がないことに凹む…何やってるんだ、自分は。
人からダビングしてもらったBlu-rayを今日郵送したから、明日には届くかな。
届けば、あなたから連絡が来るかな…

日に日にあなたのことが気になってしまう…本当に困ったな。
今だって、会えば緊張でぎこちなくなるのに、
こんなんじゃ、好きなのがバレバレだ。
会いたいけれど、ガマンだ!ガマン!
Designed by aykm.